紙と電子をつなぐ。

“なんと「本」が豊かな時代にぼくらは生きているのだろう”
— 藤井太洋 氏(作家)

本作りの「今」はこんなことになっている。 デジタル時代の出版者、デザイナー、開発者に贈る7つのエッセイ。

ぼくらの時代の本

クレイグ・モド著

本作りの「今」はこんなことになっているーー。ある時はFlipboardやSmartNewsのデザインを手がけ、ある時はクロス箔押し本をプロデュースし、ある時は出版スタートアップにアドバイス。本の地平を切り開く著者がデジタル時代の出版者、デザイナー、開発者に贈る7つのエッセイ。

読書女性

まえがき

ぼくらの時代の本とは何だろう?

ぼくらの時代の本とは形のある本だ。しっかりとした紙にインクで印刷され、頑丈な製本にはしおりが挟み込まれていて、タイポグラフィにも神経が行き届いている。数々の荒波を乗り越えてぼくらの本棚に陣取り、認識され、手に取られ、注目されるのを待っている。

ぼくらの時代の本とは形のない本だ。デジタル上に漂い、ぼくらのiPhoneやiPad、Kindleやその他リーダーの中に存在している。それらは画面の大小や、解像度の高低に関係なく、スクリーンを埋め尽くしている。何の警告もなく消えてしまうものもあれば、コンピュータネットワークの中で繰り返しコピーされるものもある。

ぼくらの時代の本とはその両方を行き来する本だ。物質からデジタルへ、切り替え可能。ぼくらの時代の本は講談社やランダムハウスから、何百万の読者へと届けられる。ぼくらの時代の本は―あなたやぼくのような―個人から何百万の読者へと届けられる。

ぼくらの時代の本はきちんと編集され、磨きがかけられ、仕上がった原稿として出版される。ぼくらの時代の本はほとんど編集されず、断片のまま出版され、読者によって磨きがかけられる。

あなたが手にしているこの本は、ぼくらの時代の本についての本だ。本がデジタルへと移行する際の技術的ハードルについての本だ。人々の力を借りて資金調達することでしか成り立たないような出版のあり方についての本だ。タブレットやスマートフォンでの読書の増加によって、変わりつつある表紙の存在意義についての本であり、変わりつつある本との関係についての本だ。

この本は、この4年間における本のあり方、読書のあり方、出版のあり方の進化を見てきたぼくのエッセイを集めた本だ。この本は、ある種の本が死に、別の種類の本が生まれることを告げる本ではない。紙の本は終わり、電子本が否応なく隆盛することを告げる本でもない。この4年間でぼくらが何かを学んだとすればそれは、ぼくらの時代の本とは紙の本と電子本のどちらのことも指し、著者と出版社と読者の関係を進化させるには、そのどちらにも重要な役割があるということだ。

ここに書かれたエッセイは観察の記録である。シリコンバレーやニューヨークの出版スタートアップでの経験の記録。自分で出版した経験の記録。そしてぼくが何度も何度も ―人生を通じて―取り組み、熱中し、恋に落ちて来た一冊一冊の本への愛情の記録だ。

どうか、ぼくらの時代の本について、一緒に考えてみてください。

2014年10月
クレイグ・モドme@craigmod.com

目次

第1章 「iPad時代の本」を考える
― 本作りの二つのゆくえ
第2章 表紙をハックせよ
― すべては表紙でできている
第3章 テキストに愛を
― こんなEリーダーが大事
第4章 「超小型」出版
― シンプルなツールとシステムを電子出版に
第5章 キックスタートアップ
― kickstarter.comでの資金調達成功事例
第6章 本をプラットフォームに
― 電子版 『Art Space Tokyo』 制作記
第7章 形のないもの←→形のあるもの
― デジタルの世界に輪郭を与えることについて

ご購入

その他の取扱書店一覧を見る

文庫にゃんこ
葉と本
中身
中身
中身
中身
中身
中身

著者について

クレイグ・モド
クレイグ・モド

クレイグ・モド(Craig Mod):

作家、デザイナー、開発者。本とメディアとストーリーテリングの未来に関心を持ち、東京とニューヨークを拠点に世界各地で活動中。2011年、iPhone版Flipboardアプリのプロダクトデザインを手がける一方で、作家としてMacDowell Colonyライティングフェローに選ばれる。2012年にはIT起業家としての業績を認められ TechFellow Awardsを受賞。また出版シンクタンク「PRE/POST」を設立し、紙と電 子の本をプロデュース。現在も、Twitter創業者Evan Williams氏、Biz Stone氏らが立ち上げた出版プラットフォーム「Medium」のアドバイザーや、日本でも人気のスマートフォン用ニュースアプリ「SmartNews」のUIデザインアドバイザーなどとして幅広く活躍している。共著書に『Art Space Tokyo』 『マニフェスト 本の未来』など。
http://craigmod.com
@craigmod

訳者について

樋口武志(Takeshi Higuchi)

字幕吹替制作の東北新社勤務を経て、現在、早稲田大学大学院に在学中。共訳書に『イルカをボコる5つの理由』(マシュー・インマン著)。字幕翻訳に『ディクテーター』『ヘラクレス』『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』等。

大原ケイ(Kay Ohara)

日米双方の出版社に勤めた後、日本の著書を海外の出版社に売り込むエージェントとして独立、東京とニューヨークを往復する。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』など。アメリカの出版事情などをブログ「本とマンハッタン」で発信。

作品情報

印刷版 取扱書店

電子版 取扱書店

読書男性